貸金業の目的というものは実ははっきりとしています

貸金業の目的というのは国民経済に資する形で資金需要をするということになっています。貸金業法というもので規制がされており、貸金業者を営む者については登録制度が実施されており、貸金業者の組織する団体を許可する制度となっています。指定信用情報機関の制度を設置して、貸金業を営む者の業務の適切な運営や資金需要者の利益の確保ということを行っているわけです。そもそも金銭の貸付というのはどのような定義であるのかということになりますが、例えば手形の割引売渡担保というものも貸金業の定義となっています。貸付契約というのは貸付に関する契約又は当該契約に関わる保証契約を言います。また貸金業というのは口に合わ銀行は除外されていることになり、それらの所がお金を貸したとしてもそれは貸金業とは言わないということになっています。そのあたりのことが細かく定義されている、ということになりますから、これは大事なのでよく覚えておきましょう。http://www.sleeekingenting.biz/login-yoyaku.html