断捨離は、効果があるらしきけれど、果してどの程度かな?

断捨離をしたら、いいことがいっぱいあるって聞いたけれど、現実らしき。
一旦、お風呂で読みたかった雑誌がでてきた。
クリニークのナイトクリームもでてきた。
それから、映像立てもでてきたし、
主人がルイヴィトンを買っていただけるって。有難い。
もう十分だけど、生業の依頼も来た。
生業はひたむき、たくさんあるんだけれどね。
でも、生業はしたいから、いっぱいやってく。
今日は、ラーメンの日だけれど、眠くなるから食べ過ぎない。
おヤツを食べないように決める。
おヤツは残しておこう。
主人は、断捨離でウエイトが減ってた。やっぱり。20往復もしたらしき。
依然として断捨離ようやく2日なのに、素晴らしい。
赤帽を頼もうとしていて浮いた財貨で、わたくしにルイヴィトンを買ってもらえるらしき。
嬉しいことだなあ。
移動も、我々たちでやれるかもね。
大きな家財道具はないから、
断捨離の効果、どこまで行くんだろう。広場が片付くだろうか?
主人はお中元、おとうさんに送ってくれるっていってたけれど、大丈夫か。

カンブリア紀やクックソニアなどについて訓練

カンブリア紀の末には原始的な魚類も生じ、デボン紀には魚類の年といわれるほど多くの数々が現れました。古生代の3億年間の初期は基本的に温暖な年でしたが、後には氷河が発達した寒気期がおとずれました。カンブリア紀に貫くオルドビス紀にには温暖な空模様の成分、フデイシ(筆石)やサンゴなどが現れました。また、節足動物のなかまが何とか陸上に進出しましたが、上記はいまや陸上で増加していた菌類を食べていたと考えられています。次に、古生代などについて実習しました。最初の陸上鳥獣ですクックソニアが現れたのはシルル紀になってからだ。また、脊椎動物の上陸はさらに遅く、デボン紀になって魚類から分かれた両生類のイクチオステガが初版でした。デボン紀中頃にはシダ植物が大形化し、時には20mをこえる大木も現れました。このようなことを覚えましたが、知らなかったことが更にありましたが、時間があるときに復習望むなと思います。