食堂汽車に鉄道東日本が同行始めるという内容の文を読んで

今年の4月に西武鉄道が、「西武 旅する食堂52机のウハウハ」を池袋駅舎、西武新宿駅舎から秩父方面に走らせ始めたようですが、鉄道東日本がそれに続き、食堂汽車をこの夏から都会で走らせるようです。それは、神奈川県の小田原駅舎と静岡県の伊豆急下田駅舎を結ぶ「伊豆クレイル」だそうです。食堂汽車は全国各地に広がっているようです。

食堂汽車の魅力は、断然車窓の変わるパノラマを見ながら飯ができることだと思います。食堂で、パノラマの嬉しい机で外のパノラマを眺めながら飯を盗るのもなかなか気分の良いことだと思いますが、働く汽車で外のパノラマが走るのを見ながら飯をとるのも、また別の魅力があるのではなかろうか。変わるパノラマを見ると、モチベーションがワクワクしてくる。

西武鉄道の食堂汽車が都心から山のお客様に向かって進んでいるのに対し、今夏始まる「伊豆クレイル」は真っ最中海沿いの箇所を走ります。それぞれの魅力があって良いと思います。髭 脱毛 ミュゼ